プロ野球の野球場収容人数ランキング

プロ野球球団の一軍が使用している本拠地球場の大きさの目安の一つである、収容人数。
その終了人数をセリーグとパリーグそれぞれでランキング形式でまとめました。

セントラルリーグ

  1. 収容人数47,808人 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市):阪神タイガース本拠地
  2. 収容人数46,000人 東京ドーム(東京都文京区):読売ジャイアンツ本拠地
  3. 収容人数36,650人 ナゴヤドーム(愛知県名古屋市東区):中日ドラゴンズ本拠地
  4. 収容人数35,650人 明治神宮野球場(東京都新宿区):東京ヤクルトスワローズ本拠地
  5. 収容人数33,000人 広島市民球場[MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島](広島県広島市南区):広島東洋カープ本拠地
  6. 収容人数32,000人 横浜スタジアム(神奈川県横浜市中区):横浜DeNAベイスターズ本拠地

パシフィックリーグ

  1. 収容人数40,476人 札幌ドーム(北海道札幌市豊平区):北海道日本ハムファイターズ本拠地
  2. 収容人数40,187人 福岡ドーム[福岡ヤフオク!ドーム](福岡県福岡市中央区):福岡ソフトバンクホークス本拠地
  3. 収容人数36,627人 大阪ドーム[セラドーム大阪](大阪府大阪市西区):オリックス・バファローズ本拠地
  4. 収容人数33,556人 西武ドーム[メットライフドーム](埼玉県所沢市):埼玉西武ライオンズ本拠地
  5. 収容人数30,508人 宮城球場[楽天生命パーク宮城](宮城県仙台市宮城野区):東北楽天ゴールデンイーグルス本拠地
  6. 収容人数30,082人 千葉マリンスタジアム[OZOマリンスタジアム](千葉県千葉市美浜区):千葉ロッテマリーンズ本拠地
おすすめの記事