結婚する時に出すものといえば「婚姻届」。
役所に提出すればいいわけですが、普通平日の昼間しか役所の窓口はあいていません。でも、婚姻届は夜間窓口でも受け付けてもらえるので、24時間365日受付してくれます。

開庁時間外で受付てくれる婚姻届と死亡届

開庁時間以外の夜間窓口で受付けてくれるのは婚姻届以外もあります。それは死亡届。実は24時間365日、婚姻届を受付けてくれる理由に深く関係があります。
死亡した人の配偶者は遺産の半分以上を相続できるわけですが、生きている間に婚姻届を提出していなければ配偶者になれません。相続は死亡と婚姻、どちらが先かで相続条件がかわってきます。夜間に提出しても正式受理されるのは役所の翌営業日になりますが、それは受付日が成立した日になるので、24時間受付ける必要性がそこにあるわけです。
ちなみに戸籍法上の届け出は24時間受付けてくれます。何がいいたかというと、婚姻とは逆の「離婚届」も提出できるということです。

おすすめの記事