見やすいメールにはいくつか要素がありますが、そのうちの一つが漢字とひらがなの比率です。
漢字3割、ひらがな・カタカナ7割が読みやすさの目安とされています。
漢字が多すぎると難しい印象を与え、逆にひらながやカタカナが多いと未熟な文章にみえてしまい、できない人や読みづらいメールとして相手に良い印象を与えません。
そして書いたメールは送信する前に一読する習慣をつけましょう。
意外と誤字・脱字、時には相手を間違えているなんてことにも気づけます。

おすすめの記事