人から恨まれようが、憎まれようが、それで死ぬことはない
by 近松門左衛門

江戸時代の浄瑠璃および歌舞伎の作者『近松 門左衛門(ちかまつ もんざえもん)』の名言。
周りからどう思われようが命まではとられない。
とは言うものの、度を超えれば命が狙われる可能性もあるので、人から恨まれるようなことをしないにこしたことはない。

おすすめの記事