よく学ぶ者は、人の非を咎(とが)むるに暇(いとま)あらず。日々に己が非をかへりみる事くはしくなり候
by 熊澤蕃山

江戸時代初期の陽明学者である、『熊沢 蕃山(くまざわ ばんざん)』の名言。
よく学ぶ人は他人の間違いを咎めずに、日々自分の至らない点を反省するものだという意味合い。

おすすめの記事