月刊少年エースで連載中の漫画『けものみち』が2019年にテレビアニメ化することが決定した。

異常なほどにケモノ好きの青年・柴田源蔵は異色のプロレスラー「ケモナーマスク」として活躍していたが、大事な一戦を前にした控室で突如、異世界に召喚されてしまう。召喚した姫は、王国に仇なす魔獣を退治してほしい、と源蔵に頼むのだが、「ケモノを倒すだと!? そんな事は断じて許さん!!」 …姫に必殺のジャーマンスープレックスをキメた源蔵は一転、追われる身となってしまうのだが!?

『この素晴らしい世界に祝福を!』の暁なつめと『バカテス』の漫画を担当したまったくモー助・夢唄がタッグを組んでいる。

アニメ放送が待ち遠しい作品になりそうだ。

おすすめの記事