ウェブサイト(ホームページ)の閲覧に必須のウェブブラウザ(インターネットブラウザ)。
Windows(ウインドウズ)でもたくさんのブラウザがあります。
本ページではその代表的なものから少しマニアックまものまでをご紹介します。

Google Chrome

Google Chrome(グーグル クローム)はグーグルが提供しているウェブブラウザ。
ブラウザのシェアNo.1のフリーソフト。
グーグルがオンラインで提供しているサービスとの連携にも強く、動作も軽いことから人気となっている。

FireFox

FireFox(ファイアーフォックス)は拡張機能となるプラグインやデザインテンプレートの数が豊富。
カスタマイズ度が高いので、自分好みのウェブブラウザに仕立てることができるのが特徴

Microsoft Edge

Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)はマイクロソフト社からリリースされているウェブブラウザ。
インターネットエクスプローラーに替わるWindows標準のブラウザとなるはずだったが、今のところシェアは低い。
ウィンドウズとの親和性は高く、マイクロソフト純正ということで初心者でも安心して使えるのが強みだ。

Lunascape ORION

Lunascape ORION(ルナスケープ オリオン)は国産のウェブブラウザ。
レタリングエンジンをIE、FireFox、Safariで切り替えられるのが特徴。ブラウザによってレイアウト崩れが起きるような場合に有効的。
また、複数のウインドウをタブ管理でき、上下や左右といったかたちで並び替えができ、複数のサイトを比較しながら見るにはもってこい。

Sleipnir

Sleipnir(スレイプニル)は個人開発から始まった日本発のウェブブラウザ。
アドレスバーがないデザインレイアウトが特徴。
開いているページは画面上部にサムネイル形式で表示されるので、複数立ち上げていてもひと目で把握できるので便利だ。

Avant Browser

Avant Browser(ファイアーフォックス)はInternet ExplorerのもつTridentというHTMLレンダリングエンジンを使っている。
目指すところがインターネットエクスプローラーを多機能にしたウェブブラウザ。
IE好きにおすすめ。

おすすめの記事